No.085 赤道儀の効果(その2)

2016年11月24日 - Less than a minute read

今日は朝から雪、寒い。暖房して写真整理。赤道儀有無の比較材料写真、完璧ではないがせっかく先日撮ってあったので。

オリオン座はこれからの季節。星雲を写真にすると不死鳥みたいでキレイ、容姿もひと目でない人も長時間露出するとキレイになるに違いない。

前回はアンドロメダ銀河撮影時に、今回はオリオン大星雲の例。家の部屋からの横着撮りというか昇ってくるのが若干遅いし。薄い雲も若干流れていて、極軸合わせ(北極星見えないのに)、ホワイトバランスが少しいい加減になってしまった。以下は比較写真です。上から「赤道儀使用30秒間露出」、「赤道儀無し30秒間露出」、「赤道儀無しで4秒間露出」。撮影は2016/11/19 22:41~22:46。赤道儀の追尾無しで30秒間もシャッターを開け放しにしているとこんな線状になるのかと改めて、でもそれはそれとして。でも星雲はボケボケに。地球自転は早い。以前は一番下の写真で満足していたが、赤道儀使用の写真を自分で撮って見た時はMagic Hourに次いで感動ものでした。3%e6%9e%9a%e6%af%94%e8%bc%83r0

0 Comments
Join the conversation

Your email address will not be published. Required fields are marked *

コメントを残す