No.453 COOLPIX P1000による木星 2018/09/28

2018年9月29日 - Less than a minute read

COOLPIX P1000で惑星を撮るのはまだ2回目。晴れない日が続くので仕方がない。木星の写真です。出来は良くなかった、COOLPIX P900の経験からもっとキレイな写真が撮れるはず。

撮影時は木星の大赤斑が真正面に向いている時間帯でした。

この時期、夕方・夜の時間帯になると金星はもはや地平線、火星は日ごとに小さくなってしかもシーイングは良くなくグニャグニャで、土星の輪っかもかろうじて識別可でした、このため火星と土星は撮らなかったことにしました。動画でどう撮れるかを確かめたかったのですが、風でカメラが揺れすぎ、液晶画面の木星はビンビン上下に振れていました。木星の動画は11秒間の330枚の中からブレ写真を除いて処理しました。静止画はピント、シーイングが良ければかなりの写り具合を期待したいが、季節柄、撮影のタイミングを失しそう。

0 Comments
Join the conversation

Your email address will not be published. Required fields are marked *

コメントを残す