No.337 冬の夜空の主役

2017年12月29日 - Less than a minute read

全天で一番明るい星、シリウス。青く輝き写真を明るくすると周りの星(光度10等星級、肉眼では無理)がたくさん見えて宇宙を感じます。単なる点ではありません。 EOS M3 + F4L70-200mmレンズ CLS Filter ISO-1600 200mm F4.0 20秒 5枚のRegiStax写真です。 2017/12/28撮影。

シリウスより先に昇るオリオン座の大星雲です。何百枚、いや、何千枚か、撮っていますけれどまだ完成品はありません。同じ写真もありません、撮るたびに違います。EOS KissX7iとEOS M3 レンズは同じ。X7iにはLPR Filterで、M3の方はCLS+LPRの2枚Filterで撮影。感度下げると星雲の姿がくっきりしてきます。

EOS Kiss X7i ISO-1600 22秒で39枚のRegiStax処理写真

EOS M3 ISO-3200 30秒 6枚RegiStax処理写真 横切る線は飛行機。

0 Comments
Join the conversation

Your email address will not be published. Required fields are marked *

コメントを残す