No.457 COOLPIX P1000による火星 望遠鏡写真との比較

2018年10月6日 - Less than a minute read

火星ばかりが続いてしまいますが、COOLPIX P1000の性能を体感でもっと知りたいがために過ぎません。2018/10/02の動画からの写真がどれほどの分解能になっているのか公開されている望遠鏡による写真と比較してみました。日付、撮影時間はズレていますが、大シルチス、ヘラス盆地、南極冠が地球側に向いていて比較として模様がわかりやすくなっています。

写真と引用元を以下に示します。望遠鏡写真はhttps://www.astroarts.co.jp/ が参考になりました。

2018/10/03 https://www.astroarts.co.jp/photo-gallery/photo/50543
2018/10/03 https://www.astroarts.co.jp/photo-gallery/photo/50518
2018/10/03 https://www.astroarts.co.jp/photo-gallery/photo/50539
2018/10/01 https://www.astroarts.co.jp/photo-gallery/photo/50496
2018/10/03 https://www.astroarts.co.jp/photo-gallery/photo/50517
2018/10/02 COOLPIX P1000

天体写真は南が上表示になるのですが、望遠鏡写真は全て上下反転させてCOOLPIX P1000と同様の正立像にしています。

(感想)

望遠鏡との比較など意味がないかなと思っていましたが、今回撮影した動画がひどい揺れ、グニャグニャしている映像でしたので、これが撮影条件が整えばもう少し鮮明になるような気もしました。それにしても晴れない天気が多いこの頃です。

0 Comments
Join the conversation

Your email address will not be published. Required fields are marked *

コメントを残す